葛飾でひっそり暮らすIT屋の G Suite メモ

Google Apps で快適業務ライフなノウハウを伝えます

Lenovo Yoga Tablet 2 with Windows を使って2週間、デスクトップOSの憂鬱

早朝バズーカならぬ早朝ブログで一日をスタートします、松井です。

ネタが古くても気にしません、泣きません。

実は2週間くらい前にこんなものを購入しました。

WindowsタブレットでOfficeがついて6万円しないという、何格破壊なんだかよくわからない状況です。今回買ったのは10インチでしたが、8インチだともっと安い端末がわんさかあります。

今でもガッチリMac派の僕なのですが、なぜこれを買ったかというと、ここのところ仕事で移動がぼちぼち発生することと、Excelに関する作業なども多くなりそうなので購入しました。

Yoga Tabletの特徴で他にないものといえばやはり、スタンドの穴でしょうか。立てる角度を変えるだけでなく、フックなどに掛けて使えるので、場合によっては相当便利です。僕はCookPadを見ながら料理してました。

それ以外はよくも悪くも普通のWindows タブレットといったところ。では、2週間使用した感想を。

良くも悪くもWindows

他のモバイルOS外違いといえばこれ、Windowsであること。もっと言うと、デスクトップOSであるということが、AndroidiOSとの大きな違いです。これが欲しくて買った面もありますが、これがネックにもなるんです、はい。

Windows タブレットのこういうところがいい

Windowsであること、それを持ち運ぶことのメリットはなんぞや。

  • Excelでマクロが動くよ!
  • プログラミングもできるよ!
  • バイルのサーバーにだってなるよ!
Excelでマクロが動くよ

なんといってもこれ。

最近iOSAndroidにもOfficeが提供されましたが、あくまでも簡易的なもの。マクロは動かないどころかファイルすら開けないんですね。

僕は仕事柄Excelや時にはWordやPowerPointでもマクロを使うのでこれは痛い。

プログラミングもできるよ!

これも他のモバイルOSに無い特徴でしょうか。AndroidiOSでもコードを書くことはできますが、動作確認までできるのはデスクトップOSならではというところ。

ウェブ開発も、なんだったらCのコンパイラだって使えるよ!

ただ、Visual Studio Comunity Editionをインストールしたらディスクの空きが200MB切って瀕死の重傷になりましたよ。。。

タブレットのストレージも64GBがスタンダードの時代到来ですかね。

バイルのサーバーにだってなるよ!

Apacheは動くし、ファイル共有もできるので簡易的なサーバーとして使うことだってできます。

出先でちょいとファイルを共有したいとき、イベント用にちょっとしたウェブページをローカルで公開したいときにはいいかもしれません。

Dropbox? ああ、オンラインじゃなきゃダメなあれね。

Windows を持ち運ぶことの限界。。。

結論から言うと、デスクトップとモバイルではOSを分けろというところ。Windows 8 最大の失敗はデスクトップを捨てられなかったことと言っても過言ではないと思う。まあ、そのお陰でOfficeをフル機能で使えたり、開発ができたりっていうのはあるんですけどね。。。

  • WindowsはモバイルOSとしては30点
  • ストアアプリ少なっ!
  • ソフトウェア キーボードとWindowの微妙な関係
WindowsはモバイルOSとしては30点

ソフトウェアキーボードが微妙です。入力なんかは結構やりやすいけど、テキストエリアからフォーカスが外れてもキーボード出っぱなしとか、ソフトウェアキーボードが引っ込んだらウィンドウサイズが小さくなっていたりとか。

ストアアプリだと問題ないんですけどね。デスクトップがね。。。

キーボードが出た時にデスクトップごと画面の外にずらすっていう発想はなかったんか。。。

それと、画面の解像度によって表示の大きさが変わります。それを補正するのは手動です。Yoga Tabletは10インチで1920*1200という解像度なんですが、ストア版のOneNoteでも文字小さいです。

ストアアプリ少なっ!

少ないです、寂しいです。どうしてもデスクトップアプリ使っちゃいます。

デスクトップは負の遺産かな。。。

Windows 8 にデスクトップを残したのはやっぱり失敗だったと思うんですよね。

デスクトップアプリが使えないWindows RTなんていうのが出て失敗しましたが、あれの悪いところって、デスクトップアプリをインストール出来ないのにデスクトップがあったことだと思うなぁ。

タブレット用のOSからはデスクトップを排除して、モバイルでデスクトップのフル機能を使うために2-in-1PCにデスクトップOSをインストールするような使い方で対処するのが良かったんじゃないかなぁという気分です。

まとめ

Windowsタブレットを2週間ほど使ってみて改めて思ったことといえば、AndroidiOSはよく出来たOSだなぁと。モバイル端末で使う上で支障になりそうなところをうまく取り除いています。

購入前はWindowsタブレットのブラウザならGoogle AnalyticsやWeb Master Toolsのフル機能が使えるなぁということも考えましたが、エージェント偽装できるブラウザアプリで解決するんですよね。

そう考えると、Officeでマクロを使うとか、どうしてもタブレットで開発をしたいとかっていう要求が無ければAndroidiPadにしておくのが無難です。Officeアプリもありますしね。

なんか、Yoga TabletというよりはWindowsタブレットの話になってしまいましたが、特徴的なスタンド以外は普通のWindowsタブレットなので、そのへんはご勘弁を。