葛飾でひっそり暮らすIT屋の G Suite メモ

Google Apps で快適業務ライフなノウハウを伝えます

【Google Drive】フォルダ内にあるファイルをスプレッドシートでリスト化しよう!

Google Drive でフォルダを公開してファイルを共有するということは結構あるんですが、その共有しているファイルの名前と URL を共有する度に取得しようとすると結構面倒です。

そんなわけで、Google Apps Script を使って、スプレッドシートにファイルリストを作るスクリプトを作りました。

まずはコードをどうぞ。

12行目くらいまでは必要な設定をズラッとならべてあります。

2行目の URL のところは、リスト化したいフォルダを開いたときにブラウザのアドレスバーに表示される URL を記入しておけば大丈夫です。

url.split('/');

上記のコードで URL を "/" ごとに区切って配列化しています。そうすることで、その配列の最終要素がフォルダーの ID になるという感じ。

あとは、フォルダーから取得したファイルリストを処理します。

このとき、DriveApp で取得したファイルのリストは配列ではなくてイテレーターだったので while で処理しています。

今回はファイル名と URL だけですが、HTML タグを生成して載せておくというのも便利そうですね。

なお、作成したスクリプトはスプレッドシートを開いたときに自動実行するようにしておくといいでしょう。

こうすれば、スプレッドシートを開いた時点のファイルリストが自動的に反映されています。