葛飾でひっそり暮らすIT屋の G Suite メモ

Google Apps で快適業務ライフなノウハウを伝えます

Mac でスクリーンショットを撮ってマニュアルにするときに役立つ 3つのアプリ

f:id:katstech:20161014143956j:plainスクリーンショットの神アプリ Skitch が Mac 以外の環境をバッサリ切って久しいわけですが、Mac アプリだってどうなることかという気がしてなりません。

そこで、代わりになるアプリを探したところ 3つのアプリで快適に過ごしているので紹介します。

目標としては

  • スクリーンショットをショートカット一発で呼び出したい
  • スクショを撮るときにサイズを指定したい
  • クラウドに画像を保存したい
  • いい感じの矢印を書けるアプリが欲しい

といったところです。

スクリーンショットを撮る

Monosnap

Monosnap

Monosnap

  • Farminers Limited
  • グラフィック&デザイン
  • 無料

こちらはスクリーンショットを撮るアプリ。

command + option + 5 で選択したエリアを

command + option + 6 でフルスクリーンのキャプチャを取ることができます。

さらに、エリア選択のときにウィンドウの上をクリックするとウィンドウだけを画像にできるということで、必要な機能は揃っている感じ。

その上、Skitch のようないい感じの矢印も書けるので重宝しています。

それだけではなく、画面の動画を撮ることもできるし、GIF で保存もできるので、ちょっとした画面操作なら GIF で共有するなんて言うこともできてしまいますね。

アップ内で料金を払うと Dropbox や、Evernote、Box といった有名所のストレージに共有することもできるのが助かります。

僕はお金を払って Dropbox に共有しています。

f:id:katstech:20161014142303g:plain

画像・動画の編集をする

LightUp

http://is2.mzstatic.com/image/thumb/Purple6/v4/d1/6e/17/d16e179c-7ed4-8c1a-5f4d-0b9bcbf1ab04/source.icns/175x175bb.png

こちらは有料アプリですが、360円を払うだけの価値はあります。

機能は至ってシンプルで、指定した箇所を明るく、それ以外の部分を暗くするだけのものです。

Monosnap で矢印や線などで見せるのとは違って、陰影だけを使うのでちょっとおしゃれな印象になります。

あと、意外と見せたい場所が見やすいと感じます。多分、情報量が少なくて済むのが原因ではないでしょうか。

f:id:katstech:20161014142901p:plain

PicGIF Lite

http://is1.mzstatic.com/image/thumb/Purple62/v4/49/37/f5/4937f542-65f4-3cb0-26a9-4ba96f4abe58/source.icns/175x175bb.png

こちらは無料のアプリ。

MP4 などの動画をアニメーション GIF に変換してくれるものです。

フレームレートや再生速度の調整もできるし、簡単なカラー調整もできるので、画面上の短い動作を見せるにはかなり重宝しています。

まとめ

ということで、Skitch の雲行きが怪しくなったおかげ (?) でもっと便利な組み合わせを見つけることができました。

この3つのお陰でブログでチュートリアルを書くのに相当楽になりました。

特に、動画から GIF にして共有するあたりは本当に楽です。

気になるアプリがあったら試してみて下さいね。