もっとラクして楽しくやろうよ

仕事も生活も楽にしたい、楽して暮らしていきたいと思いながらいろいろと頭をひねっています。

RPAがほんとうにロボティックになるのはAIが大人になってからなんじゃないか

最近、仕事でもネットでもRPAという言葉にあふれています。

ロボットさん大活躍ですね。

RPAという言葉がだいぶこなれてきたので改めて事例を探してみたんですが、これRPAの成果として挙げていいの?みたいなのも結構多いんですよね。

  • フォーム入力への自動返信
  • 定形業務の自動処理

などなど。

これって、ウェブフォームサービスとかExcelの関数でもできることなのでは。。。

アプリ間での処理連携をトリガーによって発火するみたいなのも、IFTTTやMicrosoft Flowで十分できているんですよね、すでに。

ただ、日本企業の悩みどころ(?)として、オンプレ環境の業務パッケージというのがありまして。

いわゆるERPソフトという高額なバージョンのパッケージを買うと、開発会社からカスタムプラグイン的なものを買って導入できるという二重課税のような仕組みがあるわけです。

当然、クラウドじゃない時点でワークフローの自動化サービスは使えないし、APIも公開されていないからちょっとした作業をスクリプトで自動化するみたいなのもできないんですよね。

例えばZohoとかだと、Excel VBAでもデータのやり取りができて、大量の入力をExcelで行ってデータの処理はクラウドで、ということができます。

このような環境で、限られたリソースの中ではソフトの乗り換えもままならないということでRPAに流れるのは仕方のないことなのかなとは思うんですけど。

プログラミング無しで自動化っていうけども

RPAの謳い文句として決まって「プログラミングなしで作業を自動化」ということを言うわけですが、よくよく事情を見てみるとコードを書く必要はないけどロジックを組み立てて関数を駆使してロボット開発をするみたいな事例があったりします。

それ、コードを書かないだけでやってることはプログラミングそのものではないかと思うんですよ。

子供でもプログラミングできるようにScratch作りましたみたいな。

んで結局RPAの開発会社が要件聞いて開発するということになっているので、最初からプログラマにプログラム書いてもらえば?という気持ちになるんですよね。

AIがもっと汎用的に使えるようになれば

RPAをRPAと呼んでいいレベルというのは、作業者の作業を監視して自動学習して処理を再現するぐらいのことではないかと。

そのためにはもっとAIが気軽に導入できるくらいまでこなれてくる必要があるんだろうなと思います。

現時点ではまだまだオーダーメイドのからくり人形という感じで残念な感じですが、今後、知見を蓄積して、AIの力で花開くといいなぁと。

願っています。

僕らにAIを!